都市ガス販売事業

河原実業の「都市ガス」小売、始まりました!

『都市ガス小売全面自由化』に伴い、2017年4月よりサービス提供開始

ガス自由化についてもっと詳しく

ガス自由化とは?

2017年4月よりお客様が自由にガス会社を選べるようになりました。

今まで地域によってご契約できるガス会社が決まっていましたが、現在都市ガスをご利用されているお客さまはガスの購入先を自由に選べるようになりました。

自由化になって変わることとは?

料金プランやサービスをお客様が選べるようになります。

自由化によってガス販売を行う新規企業が参入してくることで企業間の競争が生まれ、お客さまの生活スタイルに合ったプランの選択が可能になり、それがサービスの向上やガス料金の抑制につながるとされています。

ガス会社を変更することのメリットは?

料金プランとサービス内容により、ガス料金をお安くすることができます

お客さまにとってガス料金プランとサービス内容によりガスの購入先を選べるようになるということは、ガス会社の選択によりガス料金をお安くすることができるということです。
一般家庭の標準的なガス使用量だった場合(1ヶ月あたり32㎥ご使用)、河原実業からのガス購入をお申し込みいただきますと、東京ガス様の「一般契約料金」と比較して約5.4%ガス料金がお安くなります(基準料金での比較)。
また河原実業では、お客様ご優待サービスとして新たにガス器具を購入される場合にはガス給湯器やガスコンロをメーカー希望小売価格の40〜65%OFF※にて販売いたします。

※機種により割引率が変わります 都市ガス料金表はこちら

ガス会社を変更することのデメリットは?

ガス料金がお安くならない場合もございます

お客様のガスのご使用量や現在のガス会社で受けている料金プラン等によっては現在のガス会社の方がお安くなる場合がございます。例として、床暖房ガス器具をご使用されているお客様で、東京ガスの料金プラン「暖らんプラン」をご利用されている場合、河原実業がご提供するガス料金プランではガス料金が割高となる場合もございます。

ガスの品質や安全性は?

変わりません

電力自由化の場合と同様、お客様としては都市ガスの購入先が変わるだけでガスの品質は変わりません。安全性についてはガス管を管理しているガス導管事業者が今まで通り保守点検や緊急時対応を行いますので、安心してガスをご使用いただけます。また、ガス消費機器の調査につきましても、河原実業が責任を持って定期的に実施致します。

なお、私ども河原実業は都市ガス小売事業に際して東京電力エナジーパートナー株式会社よりガスの供給を受けています。

ガス会社変更時にガス工事は必要?

基本的に、必要はありません

お客様自身がガス栓の増設工事等の配管工事をご依頼される場合、または現在ご使用されているガス配管にガスの漏洩があり修復工事が必要な場合等以外は現在のガス配管をそのまま使用しますので、ガス工事の必要はありません。

工事費はかかりますか?

現在のガス配管をそのまま使用しますので、不要となります

お客様自身がガス栓の増設工事等の配管工事をご依頼される場合、または現在ご使用されているガス配管にガスの漏洩があり修復工事が必要な場合等はガス工事が必要となりますので工事費がかかることになります。

解約するときに違約金等の支払いはありますか?

河原実業から他社ガスに変更される場合、違約金や解約手数料は発生しません

ガス会社間における諸手続きの都合上、解約手続き後も変更前のガス会社から1ヶ月間はガスの供給を継続していただく場合がございます。なお、他社ガスから河原実業に変更される際には、現在お客さまがご契約されているガス会社から解約違約金等を請求される場合がございます。

商品に関するお問い合わせ

商品に関する、お問い合わせ・お申込みは最寄りの営業所にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。